文字で印象が変わる!結婚式で大切なプロフィールムービーのコメントとフォント

結婚式で上映するプロフィールムービーのコメントの文字数は何文字が最適か、考えたことはあるでしょうか?

プロフィールムービーを自分で作る場合でも専門の業者に依頼する場合であっても、コメントの文字数はとても大切な問題になります。

伝えたいエピソードがたくさんあってどうしてもコメントが長くなりがちな新郎新婦様はとても多いですが、コメントがあまり多くなりすぎると読むことができずに、結局何も伝わりません。
http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

プロフィールムービーのコメントはエピソードや感謝の気持ちを伝えるために使うものですが、文字を詰め込みすぎて何も伝わらない映像になってしまっては勿体無いですよね。

このページではプロフィールムービーでコメントの内容がしっかり伝わりやすい文字数に的を絞って、最適な文字数を考えていきます。

おすすめのプロフィールムービー

結婚式のプロフィールムービーを作る際、テンプレートを使用すると簡単に作成できます。テンプレートは、プロフェッショナルなデザインが施されており、写真やコメントを挿入するだけで、自分たちだけのオリジナルムービーを作ることができます。また、テンプレートを使用することで、時間と労力を大幅に節約することができます。

インスタ風プロフィールムービーテンプレート – weddingram

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

写真やコメントを挿入するだけで簡単にプロフィールムービーが作れますよ。テンプレートを使えば、時間と労力を節約しながら、素敵なムービーを作ることができますね。

プロフィールムービーのコメント選びと文字数

プロフィールムービーで大切なのは、写真や映像だけでなく、それを引き立てるコメントです。コメントは、写真や映像に深みを与え、視覚的な情報だけでは伝えきれない感情や背景を伝える役割を果たします。

コメント選びのポイント

コメント選びのポイントは、自分たちの感情やエピソードを正直に伝えることです。また、ゲストが共感できるような内容にすることも大切です。具体的なエピソードを交えたり、ユーモラスな表現を加えたりすると、より印象的なコメントになります。さらに文字数もとっても大切で、簡潔で長すぎない文字数を選択することも大切です。

効果的なコメントの例

例えば、「初めて出会った日のことは、今でも鮮明に覚えています。彼の笑顔に一目惚れしてしまったんです」や、「彼と過ごす時間はいつも楽しくて、一緒にいると時間があっという間に過ぎてしまいます」など、具体的で感情が伝わるコメントは効果的です。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

コメントは、写真や映像だけでは伝えきれない感情や背景を伝える大切な要素です。自分たちの感情やエピソードを正直に伝え、ゲストが共感できる内容にすることがポイントですよ。

プロフィールムービーの文字数は何文字が最適?実例から学ぼう

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

「結婚式で上映するプロフィールムービーのコメントの文字数はできるだけ短く簡潔にまとめてください」というアドバイスを聞いたことがある新郎新婦様も少なくないかもしれません。

専門業者に依頼を行う場合でも、自分たちで自作する場合でも、コメントの文字数は長くなりすぎないようにすることがとても大切です。

実例を見ながら見ていきましょう。

プロフィールムービーの文字数は何文字が最適か

プロフィールムービーの文字数はこれが絶対に正解!という数値はありません。なぜならば写真の表示時間で最適な文字数は変わってくるからです。

しかし目安にできる文字数はあります。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

文字数の目安として一般的に標準とされるのはだいたい写真1枚あたり20-30文字になります。

専門の制作業者に依頼する場合でも、一般的にはプロフィールムービーの写真に添えるコメントは20文字以下、長くても30文字以内で考えてくださいとアドバイスがいきます。

これは写真一枚あたりの表示時間が7-8秒に設定されている標準的なプロフィールムービーで妥当な文字数になります。

使っている文字に漢字がどの程度利用されているのかなどでも微妙に変わってくるところではありますが、概ねこの20-30文字を守っていけば大きな失敗をすることはありません。

しかし実際には50-60文字の長文のコメントを考えられる新郎新婦様も多いのは事実です。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/groom_bride_80.jpg

40文字なら大丈夫ではないでしょうか?50文字くらいの伝えたい内容があるのですが駄目でしょうか?

新郎新婦様のお気持ちも分かるのですが、文字数を多くするとデメリットが出てくるんです。

この記事の続き部分で詳しく見ていきましょう。

最適な文字数を実際の動画で体感してみる

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

まずは文字数と時間の長さの関係性を実際の動画を見て確認してみることをお勧めします。

一般的な写真の表示時間とされる7-8秒のなかで文字数が多くなると、ゲストがコメントを読むのにどれだけ大変になってきてしまうかをゲストの気持ちになって体験してみましょう。

それぞれの動画は8秒程度なので実際に再生してみて、ゲストになったつもりで確認することをお勧めします。

文字以内でまとめた場合の例を再生してみてください

コメントは「1995年5月9日 新郎信二 川原家の長男として誕生」で文字数は24文字です

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

ただ単にコメントを読むだけではなく、写真の内容もゆっくりと見ることができることを確認して見てください。

写真の前後に暗転などのトランジションが入る場合には完全に表示されている時間も少し少なくなります。

50文字程度の場合コメントが読み切れるのかを再生して確認してみましょう

コメントは「1995年5月9日 新郎信二 川原家の長男として誕生 すやすやとよく眠る おとなしい子だったそうです」で文字数は46文字です

50文字以上のコメントを用意される新郎新婦様も実際にとても多いですが、動画のように2段階の表示調整をしたとしてもゆったり読む余裕はないですよね。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/groom_bride_80.jpg

急いで読めば読めますけど?何がダメなんでしょうか?

と感じられた新郎新婦様は、コメントだけを読んでいませんか?写真もしっかり見ようとして視線をコメントから外すと、途端に次のコメントに切り替わってしまうのを体感できるはずですよ。

これでも急ぎで集中して読めば読めますが、披露宴会場のゲストにかかる負担が増えてしまいます。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

ゆっくりコメントを読んでいると写真が見れないですし、ゆっくり写真を眺めているとコメントが読めません。

こういった長文での表現が何枚も続いてしまうとゲストは内容についていけなくなってしまって、プロフィールムービーを見るのを諦めたり飽き始める原因になってしまいます。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

長文のコメントは写真紹介のコメントではなく、冒頭や最後の締め部分の感謝の挨拶文に入れ込むようにすると、全体をスマートに編集することができますよ。

長いコメントに合わせて写真の表示時間を調整することもできる

部分的に長文のコメントを入れることにしたいのであれば、写真の表示時間をその部分だけ長くするなどして対応を行いましょう。

動画編集ソフトやアプリを使って自分でゼロからプロフィールムービーを作っているという場合であれば、その部分の写真の表示時間を9-10秒とかコメントが長い場合には12秒などに長くして再編集することで文字数が多くなったコメントに対応させることができます。

ただ、テンプレートを使って編集している新郎新婦様などでは、各写真差し替え用のスライドや枠に割り振られている表示時間の修正方法がわからずに対応できないケースもあります。

その場合にはやはり文字数を減らして別の写真の表示タイミングに分散するなどして対応する必要が出てくるでしょう。

間延び感に対応した編集をする

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

コメントの文字数が多くなったのに合わせて表示時間を長くする場合、写真の表示方法にも工夫が必要です。

同じ画面がずーっと表示されていると、それも長いと感じる要因になります。工夫した編集をしてみましょう。

この動画では文字数46文字に対して写真の表示時間を12秒取って、長いコメントでも間延びを感じにくいように同じ写真の表示の仕方とズームの方向を切り替える編集をしてみました。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

写真の前後には暗転するトランジションが入るので完全に表示されている時間が少し短くなる点にも注意が必要です。

途中で違う写真を入れたり、同じ写真でもアップと引きの見せ方を2段階で作ることで、間延び感をだいぶ軽減できます。

1枚の表示時間を長くすることで全体の写真枚数は減る

部分的に写真の表示時間を長くして長文のコメントに対応するという方法は、部分的であればとても有効です。

しかしプロフィールムービー内の写真全ての表示時間もまとめて長くしてしまうと、プロフィールムービー全体の時間が長くなってしまうのでプロフィールムービーの上映時間7-8分という長さを超えていないかも注意する必要が出てきます。

写真1枚あたりの表示時間を長くするケースでは、その分の調整として写真の枚数を減らさなくてはいけなくなる可能性も出てきますので、長いコメントが絶対に必要なのかどうかよく考えるようにした方が良いでしょう。

結婚式でのエピソード紹介

結婚式のプロフィールムービーでは、新郎新婦のエピソードを紹介することが一般的です。これらのエピソードは、二人の関係を深く理解するための重要な要素であり、ゲストに感動を与えるための素材となります。

エピソードの選び方

エピソードを選ぶ際は、二人の関係を象徴する出来事や、ゲストが共感できるエピソードを選ぶと良いでしょう。また、エピソードは新郎新婦の視点から語られることが多いですが、友人や家族からの視点を取り入れると、より多角的に二人の関係を描くことができます。

エピソードを引き立てるコメント作り

エピソードを引き立てるコメントは、具体的で感情が伝わるものが効果的です。また、エピソードのポイントを強調することで、ゲストにエピソードの重要性を理解してもらうことができます。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

エピソードを選ぶ際は、二人の関係を象徴する出来事や、ゲストが共感できるエピソードを選ぶと良いですよ。そして、そのエピソードを引き立てるコメントを添えることで、より深い感動を呼び起こすことができます。

プロフィールムービーの文字デザイン

プロフィールムービーで使用する文字のデザインは、ムービー全体の雰囲気を左右する重要な要素です。文字の大きさ、色、フォントなどを適切に選ぶことで、視覚的な印象を強化し、メッセージを効果的に伝えることができます。

文字デザインの重要性

文字デザインは、視覚的な情報を伝えるだけでなく、ムービー全体の雰囲気を作り出す役割も果たします。例えば、ロマンティックな雰囲気を出したい場合は、優雅な書体を選ぶと良いでしょう。また、楽しくポップな雰囲気を出したい場合は、カラフルで可愛らしい書体が適しています。

  1. 視覚的な印象を強化:文字の大きさや色、フォントなどは、視覚的な印象を強化する役割を果たします。見やすいフォントやカラフルな色合いを使用することで、視聴者の注意を引きつけることができます。
  2. テーマ性の強化:ムービーのテーマや雰囲気に合った文字デザインを選ぶことで、ムービー全体の一体感を高めることができます。例えば、ロマンチックな結婚式のムービーならば、優雅なフォントや淡い色調がふさわしいでしょう。
  3. メッセージの強調:文字のデザインを工夫することで、重要なメッセージやエピソードを強調することができます。特別な瞬間や感動的なエピソードには、目立つデザインやエフェクトを使用することで、視聴者に強い印象を残すことができます。
  4. 視認性の向上:見やすいフォントと適切な文字の大きさを選ぶことで、文字の内容をスムーズに理解できるようになります。文字が読みにくい場合、視聴者はメッセージを十分に受け取ることができない可能性があります。
  5. ブランディングの強化:文字デザインは、新郎新婦や結婚式の個性やブランディングを表現する手段としても利用されます。ムービー全体の一貫性を保ちつつ、独自のデザインを取り入れることで、特別な結婚式を演出することができます。

おすすめの文字デザイン

文字デザインは、新郎新婦の個性や結婚式のテーマに合わせて選ぶと良いでしょう。また、文字の色は、ムービーの背景色とのコントラストを考慮して選ぶと、視認性が高まります。

  1. クラシックなフォント:クラシックなフォントは優雅で時代を超えた雰囲気を演出します。結婚式や家族のイベントの場合、シンプルなセリフ体やイタリック体のフォントが温かみを与える効果的な選択肢です。
  2. 手書き風のフォント:手書き風のフォントは、親しみやすくアットホームな雰囲気を醸し出します。新郎新婦のパーソナルなエピソードを紹介する際に、手書き風のフォントを取り入れることで親密さを演出することができます。
  3. モダンでシンプルなフォント:シンプルでスタイリッシュなフォントは、モダンな結婚式やイベントに適しています。クリーンな印象を与えながらも、高級感や洗練された雰囲気を表現できます。
  4. レトロなフォント:レトロなフォントは、ノスタルジックな雰囲気を醸し出します。特に昔の写真や映像を使用する場合、レトロなフォントを使うことで時代を感じさせる演出ができます。
  5. ポップでカラフルなフォント:楽しいイベントや活発なムービーには、ポップでカラフルなフォントが効果的です。明るい色合いや立体感のあるデザインを取り入れることで、ムービーに活気と元気を加えることができます。
  6. ゴシック体:力強く重厚な印象を与えるゴシック体は、堂々としたメッセージを強調したい場合に適しています。感動的なエピソードや重要なシーンに使用することで、メッセージを引き立てます。
http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

文字デザインは、視覚的な情報を伝えるだけでなく、ムービー全体の雰囲気を作り出す役割も果たします。新郎新婦の個性や結婚式のテーマに合わせて文字デザインを選ぶと、より印象的なプロフィールムービーになりますよ。

文字数と映像時間の関係性

プロフィールムービーを作成する際、文字数と映像時間のバランスを考えることは非常に重要です。文字数が多すぎると、映像が進む速度が速くなりすぎて視聴者がついてこれなくなる可能性があります。逆に、文字数が少なすぎると、映像が進む速度が遅くなりすぎて視聴者が飽きてしまう可能性があります。

文字数と映像時間のバランス

文字数と映像時間のバランスを取るためには、一般的には1枚の写真に対して7-10秒の映像時間を設け、その間に表示するテキストは20〜40文字程度が目安となります。これにより、視聴者がストレスなく映像とテキストを楽しむことができます。

  1. 視聴者のペースを考慮する:映像時間に対してテキストの表示時間が長すぎると、視聴者がテキストを読み切る前に映像が進んでしまう可能性があります。一般的に、テキストの表示時間は映像時間の約半分程度が適切です。
  2. シンプルなメッセージ:テキストの量を少なくしてシンプルなメッセージにまとめることで、視聴者が内容を素早く理解できるようになります。必要な情報を適切な文字数で伝えることが重要です。
  3. フォントサイズとスタイル:テキストのフォントサイズやスタイルを適切に選ぶことで、映像上での読みやすさを向上させることができます。大きすぎず小さすぎず、視認性を考慮したデザインを心掛けましょう。
  4. タイミングとリズム:映像とテキストの切り替えのタイミングやリズムにも注意を払いましょう。テキストが映像と一体化し、ストーリーがスムーズに進行するような配慮が必要です。
  5. 効果的なカット:映像のカットに合わせてテキストの表示・非表示を行うことで、情報の伝達をスムーズに行うことができます。テキストが映像と連動していると、より印象的な映像となります。
  6. テキストの位置:映像上のテキストの位置を選ぶことで、映像の構成とテキストの関係を強調することができます。テキストが映像の主要な要素を覆わないように注意しましょう。

文字数を調整するテクニック

文字数を調整するテクニックとしては、コメントの内容を簡潔にまとめる、必要な情報だけを伝える、などがあります。また、コメントが長くなりそうな場合は、複数のスライドに分けて表示することも一つの方法です。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

文字数と映像時間のバランスを取ることは、視聴者がストレスなく映像とテキストを楽しむために重要です。1枚の写真に対して10〜15秒の映像時間を設け、その間に表示するテキストは40〜60文字程度が目安となりますよ。

文字の大きさと読みやすさ

プロフィールムービーで使用する文字の大きさとデザインは、視覚的な印象だけでなく、視聴者が情報を理解するための重要な要素です。文字が小さすぎると読みにくく、大きすぎると映像が見づらくなる可能性があります。

適切な文字の大きさ

文字の大きさは、視聴者がストレスなく読むことができる大きさに設定することが重要です。また、映像のサイズや視聴環境によっても適切な文字の大きさは変わるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

  1. 見やすさ:文字は視聴者が情報を理解するための重要な手段です。文字が小さすぎると読みにくく、大きすぎると映像が見づらくなる可能性があります。視聴者が画面上の文字をストレスなく読めるよう、適切な大きさを選びましょう。
  2. 表示するメディアの特性:プロフィールムービーは様々なメディアで視聴される可能性があります。テレビや映画館などの大画面で上映される場合は、文字の大きさを大きめに設定する必要があります。一方、スマートフォンやタブレットなどの小さな画面で視聴される場合は、文字を小さくすることで視認性を確保する必要があります。
  3. レイアウトとバランス:文字の大きさは、映像のレイアウトとバランスを考慮して決定する必要があります。映像とテキストの相対的な大きさや配置を調整し、情報の伝達と視覚的なバランスを保つようにしましょう。
  4. テキストのコンテンツ:テキストの内容によっても大きさを調整することがあります。重要なメッセージやエピソードは、他のテキストよりも大きなフォントで表示することで強調することができます。

一般的に、プロフィールムービーで使用する文字の大きさは、画面の構成や視聴環境に合わせて適切に調整する必要があります。テスト視聴を行い、視聴者のフィードバックを取り入れることで、最適な文字の大きさを見つけることができます。視聴者に快適な体験を提供するために、文字デザインに十分な配慮をすることが大切です。

読みやすさを考慮したデザイン

読みやすさを考慮したデザインとは、文字の色や背景色、フォントの種類など、視覚的な要素全体を調和させることです。特に、文字と背景のコントラストは、視認性に大きな影響を与えます。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

文字の大きさは、視聴者がストレスなく読むことができる大きさに設定することが重要です。また、文字と背景のコントラストを適切に設定することで、視認性を高めることができますよ。

プロから見たコメントの書き方

プロフィールムービーで使用するコメントの書き方には、プロならではのポイントがあります。その一つが、視聴者の感情を引き出すためのストーリーテリングです。

プロが教えるコメントの書き方

プロが教えるコメントの書き方の一つは、視聴者の感情を引き出すストーリーテリングです。具体的なエピソードを交えたり、感情的な表現を用いたりすることで、視聴者に感動を与えることができます。

コメント作りのコツ

コメント作りのコツは、自分たちの感情やエピソードを正直に伝えることです。また、ゲストが共感できるような内容にすることも大切です。具体的なエピソードを交えたり、ユーモラスな表現を加えたりすると、より印象的なコメントになります。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

プロフィールムービーで使用するコメントの書き方には、視聴者の感情を引き出すストーリーテリングが重要です。具体的なエピソードを交えたり、感情的な表現を用いたりすることで、視聴者に感動を与えることができますよ。

結婚式で印象的なプロフィールムービーを作るために

結婚式で印象的なプロフィールムービーを作るためには、計画的に進めることが重要です。具体的なステップを踏むことで、効率的に高品質なムービーを作成することができます。

プロフィールムービー作成のステップ

プロフィールムービー作成のステップは、まず、新郎新婦の生い立ちやエピソードをリストアップすることから始まります。次に、それらのエピソードをどのように映像化するかを考え、必要な写真やビデオクリップを集めます。そして、それらの素材を基にストーリーボードを作成し、最後に映像と音楽、コメントを組み合わせて完成させます。

プロフィールムービーで感動を呼ぶ方法

プロフィールムービーで感動を呼ぶ方法の一つは、新郎新婦のエピソードを視覴者が共感できるように伝えることです。また、音楽や映像、コメントのバランスを適切に保つことも重要です。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

結婚式で印象的なプロフィールムービーを作るためには、計画的に進めることが重要です。具体的なステップを踏むことで、効率的に高品質なムービーを作成することができますよ。

プロフィールムービー作成のまとめ

プロフィールムービー作成は、新郎新婦の生い立ちやエピソードを視覴者に伝え、結婚式の雰囲気を盛り上げるための重要な要素です。適切な文字デザインやコメントの選び方、エピソードの紹介方法などを理解し、計画的に進めることで、感動的なムービーを作成することができます。

プロフィールムービー作成のポイント

プロフィールムービー作成のポイントは、新郎新婦のエピソードを視覴者が共感できるように伝えること、音楽や映像、コメントのバランスを適切に保つこと、そして計画的に進めることです。

最後に

結婚式は新郎新婦の大切な日です。その一部となるプロフィールムービーは、新郎新婦の人生や二人の関係を視覴者に伝えるための重要なツールです。この記事を参考に、素敵なプロフィールムービーを作成し、結婚式をより一層特別なものにしてください。

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

プロフィールムービーは、新郎新婦の人生や二人の関係を視覴者に伝えるための重要なツールです。この記事を参考に、素敵なプロフィールムービーを作成し、結婚式をより一層特別なものにしてください。

まとめ

結婚式のプロフィールムービーは、新郎新婦の人生や二人の関係を視覴者に伝えるための重要なツールです。その作成には、エピソードの選び方、コメントの作り方、文字デザイン、文字数と映像時間のバランス、文字の大きさと読みやすさなど、多くの要素が関わってきます。これらの要素を適切に組み合わせることで、視覴者に感動を与えるプロフィールムービーを作成することができます。また、プロからのアドバイスを参考にすることで、より高品質なムービーを作成することが可能です。この記事を参考に、素敵なプロフィールムービーを作成し、結婚式をより一層特別なものにしてください。

Q&A

Q1: プロフィールムービーで紹介するエピソードを選ぶ際のポイントは何ですか?
A1: エピソードを選ぶ際は、新郎新婦の関係を象徴する出来事や、ゲストが共感できるエピソードを選ぶと良いです。また、友人や家族からの視点を取り入れると、より多角的に二人の関係を描くことができます。

Q2: プロフィールムービーで使用する文字のデザインについて教えてください。
A2: 文字のデザインは、視覚的な情報を伝えるだけでなく、ムービー全体の雰囲気を作り出す役割も果たします。新郎新婦の個性や結婚式のテーマに合わせて文字デザインを選ぶと、より印象的なプロフィールムービーになります。

Q3: プロフィールムービー作成のステップについて教えてください。
A3: プロフィールムービー作成のステップは、まず、新郎新婦の生い立ちやエピソードをリストアップすることから始まります。次に、それらのエピソードをどのように映像化するかを考え、必要な写真やビデオクリップを集めます。そして、それらの素材を基にストーリーボードを作成し、最後に映像と音楽、コメントを組み合わせて完成させます。

コメントは1秒に4文字以内を基本に短く簡潔に

http://www.nf-bridal.com/wp-content/uploads/2022/07/teacher_80.png

冒頭でもご紹介した通りで、やはりプロフィールムービーの写真1枚に対するコメントの文字数はやはり20-30文字を目安に考えるのが適切です。

プロフィールムービーでは写真を連続して40枚とか50枚見ていかなくてはならないので、全ての写真でコメントの文字数が多いとコメントを読むのにゲストが疲れてしまいます。

写真にまつわるエピソードをコメントにしてたくさん盛り込みたい気持ちは重々理解できる点ではありますが、文字を詰め込みすぎると返ってゲストに何も伝わらないムービーになってしまうという点は注意したいですね。

文字数はできるだけ減らしてシンプルにし、ゲストに優しいプロフィールムービーを作ってあげるとゲストは最後までじっくりムービーを見てくれるはずです。

文字数に気を使っているとコメントの内容を考えるのが難しいという新郎新婦様は、以下のページのコメントサンプルも参考にしていただくときっとコメントのアイデアが出てくるはずですよ。

関連記事
[コピペOK]そのまま使えるプロフィールムービーのコメント例集 プロフィールムービーを作るときにとても大変で時間のかかる部分がコメント選びです。専門の業者に制作を依頼する場合でも自分たちで自作するという場合でも、必ずコメント

文字数の少ない、簡潔だけど伝わるコメントを考えてみてくださいね。

良い結婚式をお迎えください。

結婚式ムービーを検索

  • 検索する

TOP