キャッチフレーズ

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

結婚式のムービーを、誰でも、手軽に・・・

プロフィールムービーやオープニングムービー、さらにはエンドロールや手紙ムービーに加えて2次会ムービーなどなど。nf-bridal(エヌエフブライダル)では結婚式で上映できる様々な映像演出を制作しています。

エンドロール – blue

エンドロールblueは青を基調とした全体的に落ち着いたカラーリングでまとめられたエンドロールです。落ち着いたトーンでありつつかっこいいエンドロールを作りたい新郎新婦様は是非サンプルムービーを一度ご覧いただければと思います。 blueでは結婚披露宴に出席してくださったゲストの方々の写真を表示するタイミングに合わせて、コメントテキストや名簿データも同時に表示することが可能です。 エンドロールを作っていくときに意外と困難になる要望の一つに、写真の表示タイミングとスクロール表示されるエンドクレジットの表示タイミングを完全に同期させたいというものがあります。 簡単そうな編集ではありますが、写真の表示タイミングに合わせてスクロールする速度を微調整すると途中でエンドクレジットの表示タイミングが変化してしまいますし、エンドクレジットに合わせて写真の表示タイミングを微調整していると今度は写真の表示長さがバラバラになってしまって違和感が発生してしまいます。 これらの問題に完璧に対応しようとした場合に考えられる1つの良いアイデアが、エンドクレジットをスクロールさせずに固定表示するというスタイルです。こちらの […]

エンドロール – kokuban

エンドロールkokubanはその名前の通りで学校の黒板をイメージしたエンドロールです。誰しもが一度は使ったことがある勉強用の黒板は、昔を思い出させるのにとても良いモチーフの1つです。 エンドロールkokubanでは黒板の上に結婚披露宴に参列してくださったゲストの写真を張り付けて紹介していき、感謝のコメントと共にゲストの名前や役職等を紹介できる形になっています。 黒板に描いている雰囲気をより際立たせるために、少しかすれた手書き風のフォントなども利用して全体を構成していくとより懐かしい雰囲気をまとったエンドロールを作ることができるはずです。 自分のお気に入りのフォントなども組み合わせながら、オリジナリティのあるエンドロールを作成しましょう。 基本構成 写真の枚数は40枚標準で用意されていますが、この枚数は自由に変更ができます。冒頭部分であいさつのコメント、中間部分で写真の紹介、最後に挨拶の締めくくりの言葉といった最も標準的な構成となっています。 デフォルトの基本構成 冒頭挨拶シーン 写真紹介(デフォルト40枚ですが変更可能) 最後の締めくくりの挨拶 写真の枚数や順番などは自由に変更可能です […]

TOP